HOME
当園では、福音館書店の月刊絵本を使用しています。
それぞれの年齢の、成長や興味・関心を考慮した内容で構成されています。
ご家庭でも、どうぞ皆さんでお楽しみください♪



2019年5月のえほんを紹介します
= 年少 =
『あっぷっぷ』
中村征夫:さく

「にらめっこしましょ わらうとまけよあっぷっぷ!」
今月は、いろいろなお魚さんとにらめっこするお話です。
めずらしい顔のお魚さんが、たくさんいますね。
みんなは笑わないでにらめっこできるかな・・・?


作者の中村征夫さんの作品に「海中顔面博覧会」というタイトルの写真集が
ありますが、子どもたちに海の魚と出会える写真絵本を作りたいという願い
から「あぷっぷ」が完成しました。
ふだん、横から見る姿が多いと思いますが、正面から見る魚の顔は、とても
おもしろい表情をしています。
この絵本を読んで、さらに海の生き物たちに興味をもってもらえることを
願っています。
そして、お子さんと一緒に「あぷっぷ」とにらめっこするの楽しそうですね。


= 年中 =
『チョビットさんとモリダクサンさとう』
さとう ゆみか さく

ちいさなトロッコのチョビットさんたちは、土や岩をすこしずつ運んで公園を作っています。そこへ大きなモリダクサンがやってきて、岩をいっぺんに運んだり、ながい棒を運んだりして大活躍!
ところがある日、砂をいっぱい積んだモリダクサンが、でこぼこ道にはまってしまいました。 さぁ 大変!


小さな体で一生けんめい、土を運び、大きなモリダクサンを見て目を丸くするチョビットさんですが、みんなで力をあわせれば大きなモリダクサンを助けることもできます。
どの子にも良いところがあり、それを生かした役割がある、ということをお話しをとおして感じてもらえたらと思います。

= 年長 =
『「くもにアイロン」』
おおぎやなぎ ちか 文  山村浩二 絵

カイダさんはクリーニングやさん。せんたくの仕上げにアイロンがけをしているとアイロンが、カイダさんの手をすりぬけて街へ飛び出していってしまいました。
そして、ポストや車、ビルや飛行機、雲までフンフン サッサ スイーッ スイーッとアイロンをかけて、ペらペらにしてしまいました。
街は大混乱!いったいどうなってしまうのでしょう?



空にアイロンがとんでいって、どんなものでも ひらり ぺらぺら!
作者のおおぎやなぎ ちかさんの発想がとても楽しく、想像力がいっぱいふくらむ絵本です。次は何をぺらぺらにするのだろう・・・?
お子さんと会話を楽しみながら読んでください。



<<< PREV |TOP| 



Copyright © 2017 - 登戸幼稚園
〒260-0031  千葉県千葉市中央区新千葉3-14-18
TEL & FAX : 043-241-3512

*見学は随時お受けしております*
*希望される方は、予め電話連絡の上、ご来園ください*