HOME
当園では、福音館書店の月刊絵本を使用しています。
それぞれの年齢の、成長や興味・関心を考慮した内容で構成されています。
ご家庭でも、どうぞ皆さんでお楽しみください♪



2020年7月のえほんを紹介します
= 年少 =
『だれか いるみたい』
イチンノロブ・ガンバートル文 バーサンスレン・ボロルマー絵

「あれ?だれかいるみたい」のぞいてみると川の中で魚たちが元気に泳いでいます。お花畑のなかにも「あれあれ?だれかいるみたい」木の枝や山や空にも・・・動物たちがかくれています。動物たちが自然の中でかくれんぼうをしているみたい。

モンゴル人夫妻の文と絵による絵本。豊かな自然が明るい色調で描かれています。ページをめくるごとに、川から空まで上へ上へと向かい、出てくる動物たちもいろいろ、数もいろいろ、お子さまとゆっくり、ていねいに味わってください。

= 年中 =
『わたしは せいか・ガブリエラ』
東郷聖美 さく・え

ボリビア人のお父さんと日本人のお母さんをもつ5歳の女の子、せいか・ガブリエラ。日本ではお買い物はスーパーマーケット、ボリビアでは市場、日本ではバナナはそのまま食べるけど、ボリビアでは焼いて食べるんだって。それぞれの国の生活や文化の違いをたくさん教えてくれます。

ボリビアという国名を初めて聞く子どもたち!日本以外の国に出会い、目を丸くして驚き、ワクワクすることでしょう。左ページは日本語、右ページはボリビア語で書かれているので、外国の言葉にも親しめます。日本で当たり前のことも、国が違うとビックリすることがいっぱいあります。違いを受け入れ、認め合える大切な心が育っていってほしいと思います。

= 年長 =
『へらへらおじさん』
佐々木マキ

おうちからうれしい知らせの電話があったおじさん。へらへら笑いながら会社を出ました。 ところがその帰り道、竜巻にあったり、ワニに靴をとられたり、カンガルーボクサーにノックアウトされたりと、たくさんひどい目にあってしまいます。しかしおじさんは全然気にせず、へらへら笑っておうちに向かいます。いったい どんなうれしい知らせだったのでしょう?
  
現実ではありえないような災難が、おじさんに次々と襲いかかります。それでもおじさんはへらへら笑っています。ひどい目にあってもずっと笑顔のおじさん、よほどうれしい知らせだったのでしょう。それが何なのか?わくわくしながら読み進められます。コミカルでクスッと笑ってしまう場面ばかり、お子さんと楽しみながら読んでください。



<<< PREV |TOP| 



Copyright © 2017 - 登戸幼稚園
〒260-0031  千葉県千葉市中央区新千葉3-14-18
TEL & FAX : 043-241-3512

*見学は随時お受けしております*
*希望される方は、予め電話連絡の上、ご来園ください*