HOME
当園では、福音館書店の月刊絵本を使用しています。
それぞれの年齢の、成長や興味・関心を考慮した内容で構成されています。
ご家庭でも、どうぞ皆さんでお楽しみください♪



2019年7月のえほんを紹介します
= 年少 =
『くびかざり』
殿内真帆

とってもステキなくびかざり。魚やゾウ、タコなどいろいろな形に変身します。
ところが途中でプチン!と切れてバラバラに・・・すると、赤と青が混ざって・・・どんな形に変身するのかな?

この作品は、丸いシールを使ってくびかざりを表現しています。いろいろな色のシールを使うことで様々な形に変化していきます。お子さんと一緒にどんな形になるか考えながら読んでみるのもいいですね。
白シールにいろいろな色をぬって、お子さんとイメージを膨らませながら、実際に形づくりを楽しんでみてはいかがでしょうか。

= 年中 =
『まどのむこうのくだものなあに』
荒井 真紀

のぞき窓を通して果物の表面や断面を見ていきます。一部だけ拡大された果物たち、何かわかるかな?!


いちごのツブツブやメロンの皮のすじ、キウイの毛のフサフサなど、果物の一つひとつが丁寧に描かれ、思わず見入ってしまいます。
この絵本の面白いところは、文字がなく、前からも、うしろからも見れるところです。前からだと果物の皮がのぞけ、うしろから見ると種子がのぞけます。
皮、種子、全体と、いろいろな角度から果物の美しさや、不思議さが楽しめる1冊です。


= 年長 =
『てんにんにょうぼう』
文 長谷川 摂子  絵 中井 智子

川遊びをしている天女たちを見つけた男は、一人の天女の衣を隠してしまいました。衣がない天女は天へもどれません。男は衣を返してあげるのでしょうか。
話の展開は美しい絵に引き込まれるように進んでいきます。

羽衣伝説は日本だけでなく、世界中に広く分布しています。類話が幼稚園にもあり、子どもたちと読んだことがあります。本屋さんや図書館でお子さんと一緒に類話を探してみるのも楽しいですね。



<<< PREV |TOP| 



Copyright © 2017 - 登戸幼稚園
〒260-0031  千葉県千葉市中央区新千葉3-14-18
TEL & FAX : 043-241-3512

*見学は随時お受けしております*
*希望される方は、予め電話連絡の上、ご来園ください*